menu

道しるべ

【自己受容】

ありのままの自分を受け入れる
自分の好きな所だけではなく、嫌いなところだったり他人に知られたくない自分も全て受け入れて認めてあげる。

とは言うものの、まずは自分がどんな人間なのか分からないと自分自身受け入れる事が出来ないですよね。
あなたは自分をどれぐらい理解出来ていますか?
本当の自分とは?

【自己受容を高めるメリット】

なぜ「自己受容」を高める必要があるのか?
そのメリットについて考えてみましょう。

周囲の人や出来事に影響を受けにくくなる。

自分を受け入れるという事は自分の考えや行動も一緒に受け入れる事に繋がります。
それにより、周囲の環境に流されにくく自分自身を保つことができます。
自己受容が低いと自分の考えや行動に自信が持てずに周囲の影響を受け、周りの意見に流されやすい傾向にあります。

人間関係がスムーズになる。

自己受容が高まることにより、「他人からも受け入れられている」という感覚を持つことが出来るようになります。
自己受容と他者受容は比例すると言われ、自己受容が高まるにつれ他者受容も高まっていきます。
他人の気持ちや欲求を無理なく受け止めることが出来れば自然と人間関係も円滑になることでしょう。

【自己受容を高める為に自己理解する】

自分の事は自分が一番良く知っていると思ってる方が多いと思いますが、自己というのはとても複雑で実際のところ自分ではなかなか理解できないものです。
自己受容を高める為にも、まずは自己理解に努めてみましょう。

自分を客観視する

自らを客観視することによって、冷静な判断が出来るようになる。

自分がどんな人間なのかを書き出してみる

・私は~~です。
・~~なのが私です。
など、これが自分であるという事柄を、良い面悪い面を問わず出来る限り多く書き出してみる。
良い面悪い面全て含めて自分なのだという事を受け入れる。

自分がどういう人間か周囲の人に聞いてみる

とは言っても、実際にはなかなか会社の同僚なんかに「あなたは私の事をどういう人間だと思いますか?」なんて聞きずらかったりしますよね。
なので、家族や仲の良い友人など聞きやすいところからでも良いので、他人から見た自分というものを聞いてみるのが良いでしょう。

【まとめ】

自らを否定せず肯定もせず、あるがままの自分を受け入れる。
自分を受け入れる事に寄って自らを尊重し、他人を受け入れ他人を尊重する。
そこから新しい何かが始まるかと。。。
自分を信じて一歩、また一歩と歩む事を続けよう。