menu

道しるべ

新作ホットサンドメーカーと変わり種ホットサンドメーカー

ホットサンドメーカーと一口に言っても、今はパンを焼くだけの道具じゃないんですよね。
メーカー独自の開発で様々な形のホットサンドメーカーもかなり増えました。
そこで、今回は鹿番長こと【CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)】の2022年新作ホットサンドメーカーをメインにちょっと変わったホットサンドメーカーを紹介していきます。

2022年【キャプテンスタッグ】
新作ホットサンドメーカー

キャプテンスタッグの2022年の新作ホットサンドメーカーは、既存のホットサンドメーカーの厚みを変更したり、形状を変更したマイナーチェンジが施されたものが多く、これまでの製品よりも更に使いやすく美味しく焼けるような工夫がされています。
もちろん、今までに無かった形状の新作ホットサンドメーカーも発売されていますよ。

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)公式オンラインストア

ハーフ&ハーフ ホットサンドトースター

キャプテンスタッグ ホットサンドトースター

出典 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

ハーフサイズサンドを同時に2つ作れるホットサンドトースター。
食パン2枚を使ったホットサンドだと、ちょっと量が多いという女性や子供に丁度いいですよね。
2枚同時に別々の食材が焼けるので、様々なアレンジも楽しめます。
2つに分かれるので洗いやすい。

ホットサンド トースター(ウェーブ)

キャプテンスタッグ ホットサンド トースター(ウェーブ)

出典 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

パンと具をはさんで焼くだけで手軽にホットサンドが作れるシンプルな作り。
ウェーブ状の凹凸が焼き上がりをザクッとした食感に。
パン以外の食材でも焼き目が付き、美味しく美しく焼き上がります。
2つに分かれるのでフライパンとしても利用可能。

ツインサンドトースター(フラット)

キャプテンスタッグ ツインサンドトースター<フラット>

出典 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

ホットサンドが2個同時に焼けるツインタイプなので、ファミリーキャンプやグループキャンプなど人数が多い時に最適。
家庭での忙しい朝にも重宝しそうですね!

旧タイプの物と比べると変更箇所は特に見当たりませんが、メーカー発表の製品情報を見比べると新タイプのほうが30g軽くなっています

ダブルサンドトースター(ウェーブ)

キャプテンスタッグ ダブルサンドトースター

出典 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

ホットサンドが2個同時に焼けるダブルタイプ。
ウェーブ状の凹凸が焼き上がりをザクッとした食感に。
パニーニなどの長いパンも焼けるので、いつもの食パンホットサンドに飽きてきた方にもオススメ。
2つに分かれるのでフライパンとしても使用可能でアイディア次第で調理の幅が広がります。
さんまなど、魚焼き器としても使えそうですね。

変わり種ホットサンドメーカー

通常のホットサンドメーカーではなく、パン以外のちょっと変わったホットサンドメーカーをピックアップ。
これがあればマンネリ化したキャンプ飯にさよならできます。

【キャプテンスタッグ】たい焼き器

外はサクッと中はふんわりのたい焼きが手軽に作れます。

キャプテンスタッグ たい焼き器

出典 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

【キャプテンスタッグ】ワッフルメーカー

キャプテンスタッグ ワッフルメーカー

出典 CAPTAINSTAG(キャプテンスタッグ)

手軽に出来たてあつあつのワッフルがその場で楽しめる。
ふっ素樹脂加工されているのでお手入れ簡単。

旧タイプは厚さが28mmなのに対して新タイプは厚さ34mmと厚さが6mm増しています。
その分、重量は50g増えましたが旧タイプよりも焼き上がりはふっくらした感じになるんじゃないかと思います。

【ロゴス】たこ焼きボールメーカー

たこ焼き以外にもベビーカステラやアヒージョ、焼きおにぎりなどアイディア次第で調理の幅が広がります。

ロゴス たこ焼きボールメーカー

出典 LOGOS(ロゴス)

【ロゴス】ゴーフレットメーカー

生地を流し込んで焼くだけで簡単にゴーフレットが作れる調理器具。

ロゴス ゴーフレットメーカー

出典 LOGOS(ロゴス)