menu

道しるべ

ランタンメンテナンス「コールマン(Coleman) ノーススター」分解清掃

今回は11年前に購入したガソリンランタン「コールマン(Coleman) ノーススター チューブマントルランタン」の分解清掃の様子を画像付きで詳しく紹介していこうと思います。(画像が多めなので最後まで閲覧するのが大変かも)
今現在ガソリンランタンを使用している方も、これから購入を考えている方も参考になると思いますので是非最後までお付き合いください♪

11年前に購入してから今までマントル交換は何度かしたもののメンテナンスと言うメンテナンスはしたことが無く、ノーメンテナンスで11年間我が家のキャンプ生活を支えて来てくれました。
うちの三女が来週で11歳なので同い年です♪と考えると更に愛着が❤

工具「コールマン スーパーレンチ」があると便利

ランタンを分解清掃するためにスパナとプラスドライバーが必要なのですが普通のスパナを使うよりはコールマンから発売されているスーパーレンチ」があると作業が捗りますので、準備してから作業に入ることをオススメします。
それと、ポンプ部の動きをスムーズにする専用の特殊オイルリュブリカント」は確実に用意しておいてください。
オリーブオイル・サラダ油・ミシン油などでの代用はオススメ出来ませんので必ず専用のオイルを使用するようにしてください。
普段でもポンピングの際に引っかかりを感じたり重いと思ったら、ポンププランジャーへ注入すると改善されますので持っていて損はありません。

11年ノーメンテの割りには綺麗?

まずはメンテナンス前の状態をご覧ください。

11年間ほぼノーメンテだったコールマン ノーススター

ジェネレーターもガラスグローブも汚れが…
でも、11年経ったわりには綺麗なんじゃ…

「コールマン ノーススター」分解清掃の手順

では、順番にバラしていくのですが、特段難しいことは無いので気楽にいきましょう!
ただ、注意点もあるので慣れていない方は焦らずゆっくりと作業してください。

各部の名称

出典 Amazon

①ベンチレーターナットを外す

まずはランタン上部のベンチレーターナットを外します。
ここは工具無しで外せます。

コールマン ノーススター ベンチレーターナット

上部に付いているベンチレーターナットを左に回すと外れます。

コールマン ノーススター ベンチレーター・グローブ・グローブガードを外した状態

ナットを外すとベンチレーター・グローブ・グローブガードを外すことができます。

マントルは切れてるし、虫の死骸はあるし…

グローブを外してみると、マントルは切れてて(実はかなり前から知ってたw)、虫の死骸と汚れが…。
昨シーズンの後半はこの状態で使っていたんだけど普通に使えてたのが凄い🔥

マントル切れてるし、使っていない冬の間に蜘蛛の巣が…🕷
ヒートシールド上にカメムシの足が散乱してる。

②ベイルを外す

ベンチレーターに付いているベイル(持ち手部分)を外して、ベンチレーター・グローブ・グローブガードを別々にして綺麗に拭くなり洗うなりしましょう!
ベイル部分にはハトメのような小さな部品が付いているので紛失しないように気をつけてください。

コールマン ノーススター ベイル(持ち手部分)
コールマン ノーススター ベイル・グローブ・グローブガード
コールマン ノーススター 11年間での汚れを蓄えたグローブ

③古いマントルを外す

マントルを留めている上下のワイヤークリップを外してマントルを外します。
マントル自体はワイヤークリップを外さなくてもポロっと簡単に取れます。

コールマン ノーススター チューブマントル(交換前)

④自動点火装置を外しておく

自動点火装置を外しておきます。
このタイミングじゃなくて、もっと早い段階で外しておいても大丈夫です。

コールマン ノーススター 自動点火装置

⑤ヒートシールドを外す

マントルサポートとセットになっているヒートシールドを外します。
3つあるツメを内側に押して上に抜きます。
曲がりやすいのであまり一気に力を入れないようにしてください。

あまり力を入れすぎるとグニャっといくので注意してください。

内側に優しく押して上に抜く。

ヒートシールドが外れた状態

ここまで来たらいよいよ「スーパーレンチ」の出番です。
それにしてもジェネレーターの汚れが酷いですね💦

⑥バーナー一式を外す

ど真ん中の六角ボルトを「スーパーレンチ」を使って外します。
ボルトが外れたら真っすぐ上に持ち上げる感じで外します。

中央の六角ボルトを左に回して外します。

バーナー一式が外れた状態

⑦ジェネレーターを外す

スーパーレンチ」を使ってジェネレーターのナットを緩めます。
使用状況によっては経年変化によりジェネレーターが曲がっていることもありますので、その場合は新しいジェネレーターへの交換をオススメします。

私の場合は汚れはあるものの曲がりは無かったので磨いて再使用しました。

下の画像を見てもらうと分かると思いますが、先端が針のようになっているものがあるので先端の針を曲げないように注意して作業してください。

コールマン ノーススター ジェネレーター before

ジェネレーターは「ピカール金属みがき」を使ってゴシゴシと磨きます✨

ピカール金属みがき

実はこの「ピカール金属みがき」は車のヘッドライトの黄ばみ取りにも使えます♪

コールマン ノーススター ジェネレーター after

⑧燃料バルブを外す

プラスドライバーを使って燃料バルブを外します。
まぁ、バルブ部分の交換が無ければ外さなくても良いのですが、今回は燃料バルブのペイントが薄くなっていたので塗り直すために外しました。

燃料バルブを外すことで、カラーも外すことが出来ます。
せっかくなので普段見えない部分も拭いておきましょう♪

ペイントの薄くなった燃料バルブと燃料キャップをペイントマーカーで塗り直します。
マーカーは100均に行けば手に入ります。

コールマン ノーススター 燃料キャップ・バルブ before
コールマン ノーススター 燃料キャップ・バルブ after

⑨ポンププランジャー一式を外す

スーパーレンチ」を使ってポンププランジャー一式を外しポンプカップへリュブリカントを塗布します。
オイルの無い状態で使用しているとポンプカップ内のスポンジが劣化してボロボロになっていることがあります。
あまりに酷い場合は新しいスポンジへ交換してください。

ただ、スポンジだけの販売はしていないようなのでポンププランジャー一式買うか、何か他のスポンジで代用するしかないですね。

左へ少し回すと引っかかりが外れてポンププランジャー一式が抜けます。

ポンプカップ・プッシュアンナットも結構汚れてますね!
スポンジは思ったより良い状態だったのでこのまま再使用します。

ポンプカップ・プッシュアンナットを綺麗に拭きます。

スポンジ部分に「リュブリカント」を注入。
ここまでで分解清掃の工程は終了。
あとは元通りに組んでいき、新しいマントルを装着して完了なのでもう少し頑張りましょう!

⑩逆の手順で組んでいきます

各パーツを綺麗に磨いたら元通りに組んでいきます。
下の画像の所まで組み直したら、マントルを装着します。
ん~♪ジェネレーターがピカピカで気持ちいいですね♪画像はボケてますけど💦

⑪マントルを装着する

新しいマントルを装着します。
上下のクリップで挟んで止めるのですが、注意点があります。
マントル赤い線もしくは黒い線が垂直になるようにクリップで固定します。
ワイヤークリップがガイシに触れないように装着する。

出典 Amazon

マントルの黒い線が垂直になるように装着。

⑫マントルをカラヤキする

ここまで来たら、あとはマントルをカラヤキしてグローブを戻せば完了なのですが、燃料の補充とポンピングはマントルをカラヤキする前におこなってください。
カラヤキしただけのマントルは非常に脆いので、燃料を入れる時やポンピングの際に破損する可能性があります。

マントルのカラヤキの様子をYouTubeにUPしてますので良かったらご覧になってみてください。

⑬最終点火チェック

マントルのカラヤキも無事に終わったので、最後に点火チェックをして完了です。
グローブをつけてないので点火時のプチ爆発で毛が焦げましたが無事に点火しました。
息継ぎのような症状も改善されたし、いい音出してます♪

こちらもYouTubeにUPしてます。
ガソリンランタンの燃焼時の音が大好きです♪

しっかりとメンテナンスをすれば末永く使っていけるギアなので、最低でも年に1度くらいは綺麗にして点検・整備をしっかりとしていきたいですね!