menu

道しるべ

TC素材のソロ用ワンポールテントで未だ人気の高い【バンドック ソロティピー1tc】ですが、アレンジ張りで更に楽しめるってご存知ですか?
普通に張っても見栄えするし、フラップ立ち上げである程度の日陰は確保できるのでアレンジしなくても十分実用的ですが、それだと100%ソロティピーを活かしてるとは言えないと思うんです。
その時の気分や気候に合わせてアレンジすることによって 、初めて【バンドック ソロティピー1tc】 のポテンシャルを100%引き出すことが出来るんじゃないかと私は思います。

ソロティピーのパップテント風

パップテント風に2本のポールを使ってフロント開口部を大きく広げたソロティピーは、日陰も広く確保出来るので真夏のキャンプなど日差しが強い時にオススメ出来るアレンジ張りです。

バンドック ソロティピー

まずは通常通り張る

4隅をペグダウンしたあとにセンターポールで立ち上げて通常通りテントを張ります。

バンドック ソロティピー

開口部分のペグを抜き、ポールを使って立ち上げる

フロント開口部右側の「BUNDOK」の文字がある部分のペグを抜いて、ポールをスカートのループ×2に通して立ち上げます。
向かって左側はフラップのファスナー(内側のファスナー)を閉めた状態で、フラップ先端のハトメ部分にポールを挿して立ち上げます。

バンドック ソロティピー

今回使用しているポールはFIELDOORの太さ16mm、長さ53.5cmを3本連結で長さ160.5cmにして使用しています。
この張り方だと長さ150cm前後のポールを使うのが調度いいと思います。

バンドック ソロティピー

前から見ても後ろから見ても格好いいですよね♪
やっぱりソロティピー1tc好きだなぁ。

バンドック ソロティピー

風通しを良くして更に快適に

暑い時のキャンプをより快適に過ごすには日陰だけでは物足りないので、背面のファスナーを全開にすることで風通しも良く更に快適な空間を作ることが出来ます。

バンドック ソロティピー
バンドック ソロティピー

他にもアイディア次第で色々アレンジ出来ると思うので、自分の好みの張り方を自分なりに探してみるのも面白いと思います。

画像にあるギアは左から、【VENTLAX(ヴェントラクス)2WAY アジャスタブル コット】【Seibertron(サイバトロン)バックパック 3Pタクティカル】【BUNDOK(バンドック)ロースタイルチェア】です。
どれも買って良かったと思えるギアで特に【VENTLAX(ヴェントラクス)のコット】はキャンプでの快眠に欠かせないアイテムとして重宝してます。