menu

道しるべ

浴室の天井埋込形換気扇を自分で交換する

先日お風呂の換気扇が寿命を迎えました。
換気扇が回ってないと浴室はもちろん、脱衣所もジメジメジメジメ。
こりゃ、早急に交換が必要だな。と言うことで、即注文。
自分で交換したので、その時の作業手順を画像付きで紹介します。
業者にお風呂場の換気扇の交換をお願いすると2万円前後かかるみたいですね!
私は自分で交換したので部品代4.300円で済みました♪

天井埋込形換気扇は天井裏にダクト配管して排気する方式で本体は天井裏に設置するため、室内から見えるのはルーバーだけ。
パっと見た感じは素人に交換は無理かな?という印象があるかも知れませんが、作業自体は難しいことは何もありませんでした。
今回は、
【SANYO ダクト用換気扇(EK-10ND-A) 1998年製】

【Panasonic 天埋換気扇(FY-17C8) 2017年製】
に交換します。

古い換気扇を外す

まずは古い換気扇を外していきます。
取り外しの際に万が一ネジを落下させても排水口に入らないように浴槽の栓は閉めた状態にします。

ルーバーを外す

SANYO ダクト用換気扇(EK-10ND-A) ルーバー

①ルーバー自体を下に引っ張る。

SANYO ダクト用換気扇(EK-10ND-A) ルーバー留め具

②ルーバーを下に引っ張ると留め具が見えるので引っかかっている部分をずらして外します。(メーカーや型番に寄って多少の違いはあると思います)

換気扇本体を外す

SANYO ダクト用換気扇(EK-10ND-A) ルーバー

③赤丸部分の4本のネジを外す。

④ネジを外して青丸部分の爪を押しながら下に引き下げるとアダプターから本体が外れます。(配線に余裕はありますが下に引き下げる時は勢い余って断線させたり、本体を落下させないように気をつけてください)

配線を外す

SANYO ダクト用換気扇(EK-10ND-A)

⑤2本の電源用電線とアース線を外します。

アダプターを外す

アダプターだけ残った時の画像を取り忘れてました(´Д`;)
ごめんなさい。

⑥ダクトに繋がっているアダプターを外す。
ダクトとアダプターがテープやコーキング材などでくっついている可能性があるので注意しながら外す。
(アダプターの型が同じならそのまま使用。今回は型が違うのでアダプターも外しました。)

浴室換気用ダクト

↑全て外してダクトむき出しの状態。
これから新しい換気扇を取り付けていきます。
その前に、新旧を比べてみました。

新旧換気扇比較
(左)Panasonic FY-17C8 (右)SANYO EK-10ND-A
新旧換気扇比較

若干高さが違いますが問題無し。

新しい換気扇を取り付ける

アダプターを取り付ける

①ダクトに合わせながらアダプターの位置を決めます。
大きい赤丸部分の裏側がダクト部分です。

②位置が決まったらネジで止めます。

配線を取り付ける

③速結端子に電源用電線の心線が とまるまで差し込む。

天埋換気扇 FY-17C8 配線

④アース線をアース端子に接続する。

天埋換気扇 FY-17C8 配線

換気扇本体を取り付ける

⑤下から真っすぐにアダプターのガイドに沿わせて確実に入れたら付属のタッピングネジ4本で取り付ける。
FY-17C8はネジ穴が開いてないのでネジ先端で薄肉部を突き破るか、既存の穴に合わせて下穴を開けてから取り付ける。
(EK-10ND-A → FY-17C8 の場合は穴の位置が違うので既存の穴に合わせてフレームにドリルで穴を開けて取り付けました。)

天埋換気扇 FY-17C8

ルーバーを取り付ける

EK-10ND-Aはバネが一本でしたがFY-17C8はバネが二本。

天埋換気扇 FY-17C8 ルーバー

⑥バネをつまんで取付穴に差し込む。

天埋換気扇 FY-17C8 ルーバー

換気扇の交換作業終了

天埋換気扇 FY-17C8 ルーバー

ルーバーも新しくなってキレイだし、音も静かになりました。

取り付ける際の注意事項

付属の工事説明書に取り付け方は詳しく書いていますので、作業自体は難しくないと思いますが、工事説明書を良く読んでから作業を行ってください。
私は浴槽のふちに立ってましたが、脚立があると作業しやすいと思います。
誤った配線工事は、漏電、感電や火災のおそれがあります。
配線工事は、電気設備技術基準や内線規程に従って、必ず電気工事士が確実におこなってください。

工具はインパクトドライバーがあれば楽に出来ます。