menu

道しるべ

HDMI端子の無いアンプでFireTV Stickを5.1chサラウンドで楽しむ。

私事ですが少し前にAmazonプライムビデオの対応デバイスであるPS3が逝かれました。
なのでプライムビデオの視聴はパソコンとiPhoneのみ。
せっかくの5.1ch対応スピーカーシステムが宝の持ち腐れ。
5.1chを楽しみたいのと、やはり少しでも大きな画面で見たいと言う気持ちが捨て切れずFire TV Stickを購入。

これで大画面(たったの40インチですが(^^;)で迫力の5.1chサラウンドの映画を楽しめるぞ♪
と、思っていたのですが。。。

Fire TV Stickをテレビに接続したのに5.1chサラウンドが聞こえてこない

AQUOSが5.1chに対応していない

Fire TV Stickが届き早速テレビに接続するもスピーカーからは迫力の5.1chサラウンドが聞こえてこない。
AQUOSFire TV Stickを接続して、テレビの光端子をアンプのIN PUTへ。
テレビのスピーカーから聞こえる音よりは少しクリアな感じがするだけ。
テレビ自体が5.1chに非対応(--;なので、アンプへ5.1chのデジタル信号を出力する事が出来ない。

古いアンプなのでHDMI端子が無い

テレビがダメならアンプ経由でと思ったけどFire TV Stickには光デジタル端子が存在せずHDMI端子のみ。
最近のアンプであればHDMI端子があるのでそこにぶっ刺してOKなんでしょうけど、一昔前のアンプだとHDMI端子が無いんですよね。
解決策はあるのか?!

HD映像と音声を分離することができるHDMI分配器で解決♪

Fire TV StickにはHDMIしか出力端子がないので、HDMI分配器を使い映像はHDMIを通じて出力し、音声は光端子で出力することに。
そこで必要になるのがHDソースからHD映像と音声を分離することができるHDMI分配器
色々と調べた結果、Flylinktechから販売されているHDMI コンバーターが価格も手頃だし、対応機種にFire TV Stickとしっかり明記されているので間違いないかと思います。
と言うことで、Amzonにて購入。
2018年3月のAmazon価格は2.690円でした。

※Flylinktechから販売されているHDMI Converterは現在販売されていないようです。(2020年10月追加更新)

その他のHDMIコンバーター

Flylinktech HDMI Converter

外箱

HDMI分配器
大きさの比較にiphone6sと一緒に撮影。
ちなみにiphone6sのサイズは138.3mm × 67.1mmです。

Open(内容物)

HDMI分配器
《HDMIコンバーター内容物》分配器本体・電源ケーブル・説明書

分配器本体

HDMI分配器
↑↓同じような画像に見えるかも知れませんがコンバーター本体の前面と背面です。
HDMI分配器

接続してみる

まずはFire TV Stick

HDMI分配器

配線

HDMIコンバーター配線接続

今まではテレビのHDMI端子にFire TV Stickを直接差し込んでいたのでHDMIケーブルが不要でしたが、分配器があることに寄ってHDMIケーブルが1本必要になります。
実は事前に用意しておらず、急いでYAMADAに走りましたw

・分配器の電源
・Fire TV Stick(ファイアTVスティック)の電源
・HDMIケーブル
・光端子ケーブル
計4本の配線が必要なのでそこそこ邪魔です。

電源On

HDMI分配器

電源ランプが予想以上に明るいです。
部屋を暗くしてると、かなり気になるレベルです。
(これでも初期に比べると光量は抑えているらしい。)
でも、おかげでバッチリ5.1chサラウンドを堪能できました♪