menu

道しるべ

うちの中でWi-Fiが繋がりにくい。遅い。繋がらない。部屋がある。

我が家の2階の住人(娘)からWi-Fiの繋がりが悪いと苦情が来ました。
スマホ、switch、ともに繋がりにくかったり遅かったりするらしいです。
試しに自分のスマホ持って娘の部屋へ…。
確かに電波状況が悪い。
こりゃ、手っ取り早く「無線LAN中継器」を買うに限る!!

ルーター買ったほうがいいんじゃない?

無線LAN中継器を買う前に思ったのが、離れた部屋の電波が弱いってことは強い電波を出すルーターに変えたほうがいいんじゃない?ってこと。
でも、うちってauのスマートバリュー入ってるからルーターのレンタル料が永年無料なんだよね。
ちなみに使用ルーターは「BL900HW」で通信速度は最大450Mbps。

同スペックだと、もうメーカー販売終了品しか出てこないし、結構な価格なので断念。

とりあえず、月々のレンタル料が発生してないから買わずに「無線LAN中継器」を買うことにしました。

月々のレンタル料が発生してるなら買ったほうがお得!!

ちなみに、レンタル料が発生しているならauの場合は月々500円かかってますので、1年で6.000円。
当たり前ですが2年で12.000円。
当たり前すぎますが3年で18.000円。
と、考えるとちょっといいの買ったほうが良いと思います。

ちょっといいと言っても、1万円前後での購入が可能なので、レンタル料が発生している方は間違いなく買いでしょ!

問題は速度じゃなくて電波の届く範囲!!

通信速度の速い無線LANルーターにしても電波の届く範囲が問題なわけで、結局届く範囲が狭いと意味がない。
って、事はやっぱり「無線LAN中継器」が必要なんですね。
ただ、商品によっては強力な電波で広い範囲をカバーしてくれる物もありますので、説明等をよくご覧になったほうが良いです。
もしかしたら、中継器無しでも広範囲へ電波が届くかも知れません。

「バッファロー WEX-733DHP」を買ってみた。

で、結局私は特に悩むこともなくお手頃価格でコンセント直挿しタイプの「バッファロー WEX-733DHP」を買ってみました。

中継器の役割をしっかりと果たしてくれて、今まで届かなかった場所、電波が弱かった場所でも問題なく電波が届いていて快適になりました。
もちろん、娘からの苦情も無くなりました。
見た目もシンプルなので良いですし、設定といった設定も無くすんなりと使えて楽でした。
娘が使っている分には速度も問題無いようです。

バッファロー 無線LAN中継機
バッファロー 無線LAN中継機
バッファロー 無線LAN中継機

買ってから知ったんだけど…。

現在、我が家で使用中のauからレンタル中のルーター「BL900HW」は、3000円払うと「BL900HW」よりハイスペックな「BL1000HW」に交換できるらしいです。
先にこっち変えときゃ良かったです。
ただ、問題は速度ではなくて電波の届く範囲なので、実際「BL1000HW」に変更しても解決したかどうかは不明です。
でも、近いうちに変えてもらおうかな。