menu

道しるべ

簡単キャンプ飯「鮭コーンバターの炊き込みご飯」

今回の簡単キャンプ飯はコーン缶と鮭フレークを使った炊き込みご飯です♪
仕上げにバターを乗せて醤油を垂らすと…(゚Д゚)ウマー
これは病みつきになりそうです。
次は鮭の切り身で作ってみたくなりました♪

鮭コーンバターの炊き込みご飯

鮭コーンバターの炊き込みご飯

材料

【材料】1~2人分
・米 0.8合(約120g)
・鮭フレーク(50g)
・コーン缶(固形量120g・総量190g)
・バター(適量)

「シャキッとコーン」美味しいですよね!
缶のまま(推奨しませんが)火にかけて、チューブにんにく・バター・黒コショウで味付けしてガリバタコーンを作っても美味しいです。

今回は米0.8号に対してコーン1缶と鮭フレーク1瓶(50g)全てぶち込んだんですけど、ハッキリ言って具材が多すぎる気がしますw
でも、コーンは1缶入れたほうがテンション上がるし(個人的にね)コーン汁も全部使いたいのでコーンは1缶入れて、鮭フレークを少し減らしてもいいと思います。
塩気の強い鮭フレークだとしょっぱくなっちゃいますしね。

作り方

米を研いで水に浸しておく

米を研いだら最低でも30分ほど水に浸しておく

米吸水中

30分ほど水に浸すことでお米がしっかりと水を吸い、炊き上がった時に芯が残って失敗した( ノД`)と、言うことはほぼ無くなります。

水80ccと具材を入れる

クッカーに研いだお米0.8合、水80cc、コーン缶、鮭フレークをいれます。
コーン缶は汁ごと全部入れます。

鮭コーンバターの炊き込みご飯

いつもより見た目は綺麗です。

混ぜながら沸騰させる(約5分)

具材を入れたら、最初は蓋をしないで箸などで混ぜながら弱めの中火にかけて約5分ほどかけて沸騰させます。
ちょっと手間ですが美味しく炊けるので未経験の方は是非一度試してみてください!
沸騰までの時間は目安ですのでだいたい5分前後で大丈夫です。

鮭コーンバターの炊き込みご飯

沸騰したら弱火にして蓋をする。(15分)

混ぜながら沸騰させたら、弱火にして蓋をします。
蓋がパカパカするので重しになるものを載せで弱火で15分。
屋外でやると風の影響も受けたりと火加減は難しくなりますので途中で消えたりしないように気をつけてください

お手軽カルビクッパ

火を止めて蒸らす(10分)

15分経ったら火を止めて約10分ほど蒸らします。
気温が低い時はタオルで包んだり保温バッグなどに入れて蒸らすといいですよ!

「鮭コーンバターの炊き込みご飯」完成!

蒸らしが終わったら軽くご飯をほぐします。

鮭コーンバターの炊き込みご飯

最後にバターを乗せて醤油を垂らして完成です♪

鮭コーンバターの炊き込みご飯

まとめ

「鮭コーンバターの炊き込みご飯」個人的にかなり好きです!
ただ、やっすい鮭フレークを使ったので炊きあがりは溶けた?
って言うくらい存在を感じることが出来ませんでした。
味はするんですけどね!あと、ご飯がピンクっぽくなったので着色料恐るべしです。

鮭フレークは大粒のものを使うか、鮭の切り身を使ったほうが見栄えも良さそうですよ!